▼プロフィール

こちらから>>>


山岡 正子(やまおか まさこ)

講師、キャリアコンサルタント


▼日経働き方Next

「Human Capital 2017」に登壇致しました。

YouTubeに動画掲載



▼ 研修事例

こちらから>>>


▼素敵な仲間とのブログ

笑顔で仕事を楽しもう!」


▼ ダイバーシティ&インクルージョン研究会


 ◆2017年11月24日(金)開催

再就職支援、自信を取り戻す

2017/10/17 投稿

結婚、出産のタイミングで家庭を優先してきた女性たちが、再びフルタイムで働くことを考えたときに、一歩踏み出せない理由が「自分に対する自信のなさ」だと感じています。

かつて、3年~5年、長い方だと10年近く企業で働いていたのですが、子育てに専念した期間をブランクと感じ、求人票を眺めてはため息をつくばかり。傾向としては、現在40代で、過去に一般事務や営業事務など周囲をサポートするオフィスワークを経験してきた方。ExcelやWordなども使っていたにも関わらず、条件に「パソコン操作(Word、Excel)のできる方」と記載があると躊躇してしまう。「どうして?以前の仕事でもパソコンを使ってましたよね?」と聞くと、「数字の入力しかしていなかった」、「ひな形を少し修正する程度しか使っていなかった」と。さらに感じるのは、ExcelやWordのバージョンアップによって見た目が変わっているので、その操作への戸惑いからの苦手感です。しかしながら、今の時代において、Wordは鉛筆、Excelは電卓です。ここで躊躇してしまっては事務職で働くことはできません。聞いてみると、ほとんどの皆さんはご自宅のPCにWordもExcelも入っている、ただ使っていないだけなのです。

 女性活躍推進の一環として各自治体では女性の再就職支援の取り組みを積極的に展開していますが、最も人気があるのは3日間程度の「パソコンスキルチェック講座」です。ワードの基本操作、Excelの基本操作を思い返し、ビジネスの場で使用する感覚を思い返していただく構成となっています。私がコンサルタントとして支援しているさいたま市の場合、「パソコンスキルチェック講座」の受付開始日は電話が鳴りやまず当日で定員に達してしまうそうです。それだけ多くの女性が自分のパソコンスキルに不安を抱いているということなのです。また、カウンセリングの現場では就業支援の一環として、履歴書や職務経歴書をPCで作成していただきます。そうすることで表の挿入やレイアウトを工夫し、感覚を思い返していただき、パソコン操作に対する自信を取り戻していただきます。

 再就職するにあたって一番重要なのは、「自分自身に自信を持つこと」です。パソコンスキルの例のように、本来自分の中に備わっているにも関わらず眠ってしまっているスキルはしっかり呼び覚ましてあげましょう。また、何もないと感じるのであれば、新たな資格に挑戦するのもひとつの手段だと思います。資格を取得し活かすことも大切ですが、自分が決断し、継続して挑戦することでやり遂げる達成感は、「私はできる」という高い自信につながります。再就職を新たなキャリア構築の一歩と捉えて、前向きに進んでいきましょう。