▼公開セミナーのお知らせ

 ■2018年7月24日(火)東京

組織力向上のカギは中高年社員の活躍支援にあり!!

「キャリア・ブレイクスルー研修」体験会

主催:日経BPマーケティング

■2018年9月14日(金)大阪

ミドル・シニア世代のための

キャリア・ブレイクスルー(現状打破&形成支援)研修

~キャリアの節目をしっかり潜り抜け、自分の未来を拓くために~

主催:一般社団法人 日本経営協会 

 


▼ 活動実績

こちらから>>>

 


▼50代の徒然語り


▼ ダイバーシティ&インクルージョン研究会


 第7回「働き方改革時代の新入社員の人生観、価値観と採用&教育」


▼日経働き方Next

「Human Capital 2017」に登壇致しました

YouTubeに動画掲載


▼素敵な仲間とのブログ

こちらから>>>


▼オリジナルアセスメント

キャリアと育児の両立

2017/08/19 投稿

女性が働き続けることが当たり前となり、将来のキャリアに対する不安のひとつとして、「家庭を築きながら管理職を目指すことができるのでしょうか?」と質問されることがあります。

私の答えは、もちろん、Yesです。

イクメンが増えているとはいえ、家事や育児における女性の役割は大きく、そこに多くの時間と体力を使いますので、確かに仕事と家庭の両立は疲れるし大変です。慣れないうちは、昇進昇格など目に入らないでしょう。

しかしながら、私の実体験でいうと、家庭を持ち、子供を育てていたからこそ、自分自身の将来を真剣に見つめる時期にもなり、管理職を目指す気持ちが育っていたように感じます。

子供の成長は目覚ましいです。抱っこ、抱っことせがまれていたはずが、ある日突然、膝に乗らなくなった時のもの悲しさ。それは子供の成長で、喜ぶべきことなのですが、複雑な思いがありました。

成長していく子供は、親の働く後ろ姿をしっかり見ています。そして忙しいながらも笑顔で頑張る母親の姿は、子供の誇りでもあり働くことの楽しさ、意義を伝えることができたのだと信じています。

なぜ信じているかというと、実は私自身も子育てに不安がたくさんあり、毎日忙しく働く母親をどう思っているのか、娘が小学生の頃、聞いたことがるのです。その時、娘に言われたのが「働いているママはかっこいいよ、大好きだよ」と。

前述の質問をした彼女、なぜ不安に感じるのか聞いてみたら、それは、そのような先輩、ロールモデルがいないから、暗闇を手探りで歩いているような気持になるのだと言ってました。

大丈夫、不安な気持ちを抱えながらも前を向いているあなたこそが、後輩の女性達のロールモデルになるのです。場面、場面で、時間を要することもありますが、そのひとつひとつが力になります。

そして、思いのある人、頑張る人は、必ず周囲も協力してくれるし、応援してくれます。その気持ちをしっかり受け止め、次は、あなたが協力し、応援してあげてください。その繰り返しが風土となり、女性が活躍し管理職を目指すことが身近に感じられる環境となることでしょう。