▼ ダイバーシティ&インクルージョン研究会


 第5回「生涯現役時代の50歳からの働き方とは」に登壇しました

 


▼50代の徒然語り


▼日経働き方Next

「Human Capital 2017」に登壇致しました

YouTubeに動画掲載

 


▼ 活動実績

こちらから>>>


▼素敵な仲間とのブログ

こちらから>>>


▼オリジナルアセスメント

50歳、修行人生の始まり

2018/01/22 投稿

キャリアコンサルタントとして生きる道を決意したことは、新たな修行人生の始まりでもありました。飾らず、驕らず、自分自身を深く見つめることは、今まで自分が見ないふりしていた弱い部分に向き合うことでもあり、「心が張り裂けそうになる」、そんな場面もたくさんありました。

会社に属せず、フリーランスのキャリアコンサルタントとして働く私の目標は、私自身の人生の目標でもあります。

自分が何をしたいのか、何を目指しているのか、それは世間に必要とされていることなのか、市場価値はあるのか、競争力はあるのか、そして、目指す自分に必要な能力は身についているのか?自問自答の毎日の中で、私は3つの仕事にたどり着きました。

1つめは民間企業での転職支援におけるカウンセリング、2つめは公共機関での女性再就職支援におけるカウンセリング、そして3つめが働く人々、働きたい人々を応援する研修講師の仕事です。

カウンセリングの場面で様々な人生を背負った人たちに向き合いながら、私は自分の未熟さを思い知りました。知らなきゃいけない、知ろうとしなきゃいけないことが、世の中にこんなにたくさんあることに驚愕しました。テレビのニュースや新聞で見ていたことが目の前にいる人に現実として起きている。寄り添い、力になりたい。解決の糸口を見つけられる支援がしたい。私にできることは何だろうと模索しながら、心の勉強を深め、様々な人達が集まるコミュニティに参加し、知識と経験を広めてまいりました。

研修講師を目指すにあたり、私は「植田道場」に入門しました。ここは植田寿乃氏が持つオリジナルカリキュラムを受け継ぐ講師育成の実技鍛錬の場です。「道場」の名にふさわしく、浮ついた気持ちで取り組むと思いっきり投げ飛ばされますが、本気で取り組む姿勢には愛情を持って鍛えていただけました。また、同じ志をもつ仲間たちとの出会えたことで、お互いに切磋琢磨しながら、励まし合いながら、成長することができました。「50歳過ぎて成長?」ってびっくりされるかもしれませんが、本気で取り組む姿勢があれば、50歳過ぎても成長できることを私は体感してきました。

しかしながら、全てが順風満帆なわけではなく、挑戦したけど得られなかった仕事や上手く取り組めなかった仕事もありました。「これが50代の更年期鬱?」と感じるような自身喪失や自己否定の気持ちに悩んだ時期もありました。やっとこせっとこ乗り越えた感はありますが、そこにたどりつくまでにも多くの葛藤がありました。